誰でも使える!公演情報
意欲満々の創り手たちからのメッセージ!
お好きなスタイルを探がし出してご観劇の参考に!


公演を予定している劇団などの方へ
以下の投稿用テンプレートをコピー&ペーストして投稿をお願いします。

【1】劇団名【2】上演作品タイトル【3】上演期間 【4】会場
【5】キャスト・スタッフ【6】PR【7】問い合わせ先【8】劇団ホームページ

チラシや過去公演等のPR画像がありましたら、ぜひご投稿ください。
※全体で50行を目安に、あまり文字数の多い投稿はご遠慮ください。

ふさわしくない投稿は予告なく削除します。 公演情報以外の書き込みは禁止です。
掲示板上での書き込みに関してトラブルが発生したした場合、一切責任を負いません。 投稿内容は投稿者自身が責任をもってください。


↓★劇団員・出演者募集情報はこちら!↓
オーディション情報BBS

演劇キックトップページ
演劇キックトップページ

日刊☆えんぶに戻る
日刊☆えんぶへ

(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

一期一会の舞台 期間限定劇団 座・市民劇場卒業公演「また逢う日まで」

  • 座・神戸大阪市民劇場
  • E-mail
  • Site
  • 2018/12/14 (Fri) 15:57:09
ここにしかない感動がある。
市民が作る!世代間交流ステージ
座・大阪神戸市民劇場「また逢う日まで」が2019年2月17日(日)に兵庫・神戸ポートオアシスにて上演


*あらすじ
 ここは天国の待合室。今、鐘が鳴って、生まれて行く者、そして、死んだ者たちが過去を振り返るところ。生きていた時は、モグラだった、ミミズだった、と話している。

………それとは別に、医者と患者・赤ちゃんたちが自分の人生を話す。
だが、天国の鐘は鳴って、また生まれていくもの、死んできた者達が交差する……。

生きていく事の尊さ、強さを市民メンバーが舞台で表現


◆座・大阪神戸市民劇場とは
一般公募によって集められた幅広い年齢層のメンバーが結成する、期間限定市民参加型劇団。同劇団は、半年から8カ月にわたり稽古を行い、公演終了後に解散となる。

今回は7歳の男の子から60代の女性迄が参加、天国の待合室を舞台にした深山うぐいすのオリジナル作品を、仲風見の演出で上演する。

みどころ
期間限定で集まった市民メンバーの集大成の舞台
個性を重視した演出方法で同じ演目でも出演者が変わるだけで、別の作品を見ているよう。公演後に解散となる舞台はチームの集大成。
この瞬間しか味わえない感動があります。


座・大阪神戸市民劇場卒業公演

「また逢う日まで」

作:深山うぐいす
演出:仲風見


2019年2月17日(日)15時開演
チケット代:前売 2000円 当日 2500円

会場:神戸ポートオアシス


ただ今チケットご予約受付中
お気軽にお問い合わせ下さい。
https://shimingekizyou.jimdo.com/


次回公演に向けて新メンバーも募集中
演劇に興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

【問い合わせ先】
座・市民劇場実行委員会
神戸市中央区新港町5-2神戸ポートオアシス内
TEL:06-7165-8443(大阪事務所)
o_shimingekizyou@yahoo.co.jp
https://shimingekizyou.jimdo.com/

『スーパープレミアムソフトWバニラリッチソリッド』東京公演

  • チェルフィッチュ
  • Site
  • 2018/12/12 (Wed) 21:08:08
2014 年の初演以降、世界 13 カ国 22 都市を巡った『スーパープレミアムソフト W バニラリッチ』。この度、本作がタイトルも新たに『スーパープレミアムソフト W バ ニラリッチソリッド』として戻ってきます !

初演から 4 年を経て再創作される今作は、テキストはそのままに、新たなバージョンアップの要素としてこれまで 以上にばかばかしいほどに動きの過剰さを加速させ、ほとんどダンス作品のような様相に昇華していきます。テキストに対して、 身体とその動きを極端なまでに凌駕させるという方法によって、止まることのないコンビニの過剰さ、空虚さがあらわになり、 そこに浮かび上がるのはまぎれもなく「いま」の私たちのすがたに違いありません。
ますますスピードを増して分断する現代社会の本質を射抜く今作に、どうぞご期待ください。


【演出家ステートメント】
2014 年に初演したコンビニエンスストアについての空虚な演劇を演出しなおします。
ソリッドなバージョンにします。
シュッとした空虚さ。音楽、身体の動き、発されるせりふ。それらが緊張したり弛緩したりする関係。スタイリッシュなバージョンにします。
それによって上演の空間が主題で満たされてしまうようなスタイルで上演します。
岡田利規


作・演出:岡田利規
出演:足立智充、鷲尾英彰、渕野修平、太田信吾、川﨑麻里子、吉田庸、椎橋綾那


【会場】
シアタートラム

【公演日程】
2019年1 月
25 日(金) 19:30
26 日(土) 13:00 / 18:00
27 日(日) 13:00 / 18:00
28 日(月) 19:30
29 日(火)  休演
30 日(水) 19:30
31 日(木) 19:30
2 月
1 日(金) 19:30★
2 日(土) 13:00★ / 18:00★
3 日(日) 13:00★
★=英語字幕付き


【料金】
一般:4,000 円
24歳以下:3500円
高校生以下:1,500 円
当日:各券種500円増

U24*:3,500 円  
友の会 *:3,600 円
アーツカード *:3,800 円
* 世田谷パブリックシアターチケットセンターのみ取り扱い。割引の対象・詳細は https://setagaya-pt.jp/ をご覧ください。


オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第2弾 「夜が摑む」

  • オフィスコットーネ
  • E-mail
  • Site
  • 2018/12/10 (Mon) 14:44:47
2019年は大竹野正典さんの没後10年の年にあたります。
これまでオフィスコットーネでは、大竹野正典さんの作品を数々上演してきました。
その集大成としまして「大竹野正典没後10年記念公演」と銘うち、様々な上演を企画をしております。

第2弾「夜が摑む」は、1974年に起きたピアノ騒音事件をモチーフにいつものように家族を失った男の狂気を描いています。
大竹野正典の戯曲の中でも異彩を放つ本作品に、町田マリー・塩野谷正幸・有薗芳記などの実力派俳優を配し、演出に詩森ろばを迎え挑みます。
ご期待ください!

――――――――――

オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第2弾
第29回下北沢演劇祭参加作品
「夜が摑む」
作:大竹野正典/演出:詩森ろば 
プロデューサー:綿貫 凜
2019年2月2日(土)~12日(火) シアター711(下北沢)

CAST:山田百次(劇団野の上/ホエイ)・有薗芳記・町田マリー・柿丸美智恵・杉木隆幸・異儀田夏葉(KAKUTA)・西澤香夏(ソラカメ)・塩野谷正幸

【公演日程】
2月2日(土)18:00
2月3日(日)14:00
2月4日(月)19:00
2月5日(火)14:00◎/19:00★
2月6日(水)14:00
2月7日(木)14:00/19:00◎
2月8日(金)19:00★
2月9日(土)14:00/18:00★
2月10日(日)14:00
2月11日(月・祝)14:00
2月12日(火)14:00

◎・・・お得チケット
★・・・アフタートークあり
※出演者は決まり次第HPにて発表します

【チケット】12月19日(水)10時から前売り開始!
●全席指定・前売当日共に●
・一般 4500円
・お得チケット 4000円(2/5昼と2/7夜のみ)
・シード(25歳以下) 3000円 
※枚数限定有り、コットーネのみ取扱い、受付にて要年齢確認

【チケット取扱】
•オフィス コットーネ
http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/(専用予約フォーム)
•チケットぴあ
TEL:0570-02-9999 (Pコード:491-012) URL:http://t.pia.jp/
•ローソンチケット
TEL0570-084-003(Lコード:32509)
TEL0570-000-407(10時~20時)※オペレーター対応http://l-tike.com/(PC・携帯共通)
ローソン・ミニストップ店内Loppiで直接購入
•カンフェティ
TEL0120-240-540(平日10時~18時)※オペレーター対応
https://www.confetti-web.com/yorugatsukamu

【お問合せ】
オフィスコットーネ
03-3411-4081
cottone@msh.biglobe.ne.jp
http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/

舞台「夜の来訪者」

  • 劇団Player's World
  • E-mail
  • 2018/12/08 (Sat) 01:45:58
〈劇団Player's Worldが贈る、往年の古典ミステリー!〉

「夜の来訪者」---J・B・プリーストリーの傑作ミステリー戯曲(1946年)を、劇作家・内村直也が日本に紹介するべく舞台を戦後の日本に置き換えて翻案し、1951年に俳優座にて初演されました。以来、数多くの劇団・団体にて上演が繰り返されてきましたが、2012年を最後に国内での上演を見かけておりません(当方の調査の範囲です)。

そこで優れた海外戯曲作品の舞台化に定評のある劇団Player's Worldが、満を持して、この傑作を蘇らせます。

この作品は時代設定こそ60年余り前の高度成長期であり現在の日本とはおおよそ異なる様相ですが、富裕層と貧困層との格差を描くなど先見性のあるものとなっており、現代でも十二分にリアルな問題を提示しています。加えて時代や場所に左右されない緻密でサスペンスフルなストーリー展開が、観る者を謎解きの興奮と好奇心に満ち溢れた世界に誘い、捉えて放しません。ラストの二重にも三重にも渡るどんでん返しは、まさにミステリーの王道を行くものとして評価を受けています。

主演は1967年のデビュー以来、数々のドラマ、映画、舞台に出演するベテラン俳優・水野哲。「鞍馬天狗」(1974~75年)の杉作役や「太陽にほえろ!」、NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」などに出演し、近年は自ら旗揚げした劇団「ウォーラス一座」などで舞台活動を精力的に行っています。

更には多彩な実力派俳優・声優を擁するオフィス薫よりベテラン女優・江沢昌子を迎え、重厚な物語を展開します。
フレッシュな顔ぶれとしては、塚川大介(KAMAYAN/シーグリーン)、秋田真穂、菅原啓、日高あすか(いずれもオフィス薫)が揃い、演出を手がける榛葉雅也(オフィス薫)が重要な役どころで本作品を締めます。

平成最後の年末、昭和の人間・家族ドラマの最高傑作を是非ご堪能いただけますよう、劇場「てあとるらぽう」までお越しください!


<ストーリー>
娘の婚約者を招き、結婚前の食事会を家族で開いていた、ある大会社の社長一家。
その幸福でいっぱいの家族のもとに、一人の刑事が訪ねてくる。
その刑事は、自殺したある女性について事情を聞きにやってきたのだが・・・

<公演詳細>
劇団Player's World公演 第5回

『夜の来訪者』

作/内村直也(1976年作)
演出/榛葉雅也

日時:2018年12月14日(金)~16日(日)
14日(金) 15:00/19:00
15日(土) 14:00/19:00
16日(日) 12:30/16:30
※開場は開演の30分前です
※全席自由席です

劇場/てあとるらぽう
西武池袋線 東長崎駅 北口徒歩1分
https://www.t-rapport.e-w-arts.biz/access.html

北口を出て斜め左の道を行きます(ファミリーマートの前を通る)。
100円ショップ「キャンドゥ」の隣です

ご予約はこちら:
https://www.quartet-online.net/ticket/raihousya
またはメール等で直接ご連絡ください
 メール/ the_players_world@yahoo.co.jp


前売・当日共3,800円
高校生以下 2,500円

出演/
水野哲(株式会社BLUE BOAT BEANS)
江沢昌子(OFFICE薫)
塚川大介(KAMAYAN/シーグリーン)
秋田真穂(OFFICE薫)
菅原啓(OFFICE薫)
日高あすか(OFFICE薫)
榛葉雅也(OFFICE薫)

スタッフ
演出/榛葉雅也
美術/山下治樹
照明/今中一成
舞台監督/石橋政人(劇団LIVES)
制作/忍守シン、榛葉弘行
宣伝美術/塚川大介
協力/OFFICE薫
『テアトロ』
劇団LIVES
株式会社BLUE BOAT BEANS
ひとつぎ美工
KAMAYAN
シーグリーン
劇団ハッピータイム

企画・製作/劇団Player's World

大阪演劇「探偵物語」

  • 靱マユミ
  • E-mail
  • Site
  • 2018/12/05 (Wed) 15:19:17
2019年2月8日(金)~10日(日)
大阪劇団協議会プロデュース公演(企画/関西芸術座)
「探偵物語~The Detective Story~」を上演!

<会場>
吹田メイシアター中ホール
<開演日時>
2019年2月
8日(金)19:00
9日(土)13:00/18:00
10日(日)13:00
※受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。
<料金>
一般3500円
シニア(70歳以上)・学生・障がい者3000円
※全席自由席(要予約)

<あらすじ>
ニューヨーク21分署。
そこは犯罪者と名も無き市井の人々が複雑に行き交う場所だ。

刑事分隊室では、万引き女や横領で逮捕された青年、
2人組の強盗といった様々な面々が取り調べを受けている。
犯罪者・市民・刑事、彼らにはそれぞれにドラマがある。
その中には、罪を一切許さない非情な刑事ジェームズ・マクラウドがいる。
彼は担当する捜査の過程で、違法な堕胎手術で患者を死なせている
シュナイダー医師に暴行を加え病院送りにしてしまう。
しかし、その憎むべき犯罪者の口から意外な事実が明かされた時、
マクラウドは苦悩の淵へと追いやられることとなる。

「罪を裁く」とは?「赦し」とは?
ジェームズ・マクラウドという一人の刑事の葛藤を軸に、物語は展開していく・・・

今回の作品は、1951年にカーク・ダグラス主演で映画もされた、シドニー・キングスレーの舞台劇です。ニューヨーク21分署の刑事部屋を舞台に、様々な人間模様が展開されます。
 脚色は勇来佳加、演出は松本昇三が担当致します。総勢40名のキャスト陣による上質な会話劇をお楽しみください。

<チケット・ご予約お問い合わせ>
関西芸術座
TEL06-6539-1055
FAX06-6539-1056
メールkangei@os.urban.ne.jp
ローソンチケット【Lコード・51323】
CoRich https://ticket.corich.jp/apply/94673/BBS/
演劇パス https://engeki.jp/pass/events/detail/514

劇団レーザーショー

  • laserscheap
  • E-mail
  • Site
  • 2018/12/03 (Mon) 20:29:25

そろそろクリスマスが来ます。年末に劇団は必ず多くの演出があります。レーザーショーは人気があります。Laserscheapのレーザーソードをお勧めます。市場で一番低価格販売中です。ぜひご検討してください。
http://www.laserscheap.com/laser-show/p-12.html

Stokes/Park 1st『BRIDG×WORD』

  • Stokes/Park
  • E-mail
  • Site
  • 2018/12/03 (Mon) 10:22:05
Stokes/Park 1st 『BRIDG×WORD』
脚本・演出:白鳥雄介
2019年1月9日(水)~1月14日(月・祝)
@下北沢 小劇場 楽園
出演:内田めぐみ(ソラカメ)、逢坂由委子、太田知咲(DEAD STOCK UNION)、白鳥雄介(Stokes/Park)、田中達也、
十河大地 (宝映テレビプロダクション)、原彩弓(メロトゲニ)、二見香帆、武藤友祈子、山谷ノ用心、犬飼若博

父子家庭で育った涼子は、自分の行く先を見出せないでいた。
父は川に橋を架けるのに躍起になっている。
ある日、涼子は父親との衝突で家を飛び出した。
これまで何本もの橋を架け陸と陸をつなげてきたのに、娘とは……。
飛び出して見えた新しい世界に心躍らせる中、街には「ワード・ホリック」という病が蔓延していく……。
白鳥雄介主宰の舞台ユニット「Stokes/Park(ストークスパーク)」!!
第一弾舞台は、「橋」と「言葉」が交錯する、
架けて欠けて駆けまくる!!掛けまくりコメディ!!

Triglav 2ndwork『THE PILLOWMAN』

Triglav 2nd work
『THE PILLOWMAN』

作:マーティン・マクドナー
翻訳:中西良介
演出:新井ひかる

2018年12月12日(水)~16日(日)
@山王大森フォレスト

- - - - - - -

理由もわからず、取調室に連行された物語作家カトゥリアン。

目隠しを取るとそこには、”良いおまわり”トゥポルスキ―と”悪いおまわり”アリエルが立っていた。

取り調べが進むと、突然、隣の部屋から叫び声が聞こえてくる。

それは、両親から虐待を受け、知的障害を負ったミカルの悲鳴であり、彼ら兄弟に幼児連続殺人の容疑がかけられていることが判明する。

カトゥリアンが書く物語は、子供が残酷な目に遭う内容が多く、当該事件の殺害方法が彼の物語の筋書きに沿ったものだったのだーーー



ハロルド・ピンター作『The Collection』に挑んだ旗揚げ公演から半年。

今回は、アイルランド系イギリス人劇作家 マーティン・マクドナーの作品に挑戦します。

前回に引き続き、Triglavメンバーの中西良介が翻訳を、新井ひかるが演出を担当。

次世代の感性ならではの『THE PILLOWMAN』を、この機会に、是非ご覧下さい。


【タイムテーブル】
12/12(水) 19:00★
12/13(木) 14:00★/19:00★
12/14(金) 14:00★
12/15(土) 13:00/18:00
12/16(日) 13:00
※受付開始・開場は開演の30分前
★…平日割対象回

【料金】
〈前売〉一般3,000円 / 学生2,800円
〈当日〉3,200円(一律)

【各種割引】
★平日割
2,800円(前売・一般のみ)
◎学生ペア割
5,000円/2名様
(前売・学生のみ/全日程可)

※学生・学生ペア割は当日要証明証

【会場】
大森山王FOREST
(JR大森駅北口より徒歩5分)
http://wanekaze.com/forest/access/index.html

【キャスト】
林大樹
岩男海史
堀元宗一朗
中西良介
桑田佳澄

【スタッフ】
〈演出〉新井ひかる
〈舞台監督〉村信保
〈舞台美術〉上田淳子
〈照明〉脇山萌
〈照明操作〉上原可琳
〈音響〉鈴木萌々
〈衣装〉岩男海史
〈演出助手〉谷口由佳・岩瀬未央
〈制作〉菅野友美
〈制作協力〉山下悠
〈宣伝美術〉望月有紗

【ご予約】
https://www.quartet-online.net/ticket/pillowman

【SNS】
〈Twitter〉
@Triglav
〈Facebook〉
https://www.facebook.com/Triglav2018/

鮭スペアレ版「マクベス」東京公演ご案内

  • 片 ひとみ
  • E-mail
  • Site
  • 2018/11/29 (Thu) 21:08:38
鮭スペアレ版「マクベス」
マクベスは、夢中で遊んで、はぐれてしまった。もうどこにも居場所はない。
意欲作・コンテンポラリー能「ハムレット」から1年。
「ジェンダー」からも「演劇らしさ」からも解き放たれた鮭スペアレが、今度は「マクベス」で遊ぶ。


【上演期間】
2018年12月14日(金)15:00(公開ゲネプロ)/19:30
15日(土)14:00☆/18:00
16日(日)14:00☆/18:00
17日(月)14:00☆
※開場は各回10分前予定
受付・入場整理券配布は各回30分前。
☆・・・終演後バックステージツアーあり。

【会場】北千住BUoY 東京都足立区千住仲町49-11

【出演】清水いつ鹿/上埜すみれ/宮川麻理子/中込遊里
喜田ゆかり/箕浦妃紗/青田夏海/若尾颯太/相沢葵(TheaterOrt)(横浜公演)

【演奏】バイオリン/中條日菜子、尺八/酒井将義、ハープ/横濱りい子、馬頭琴/フルハシユミコ

【スタッフ】振付:片ひとみ/ドラマトゥルク:宮川麻理子/美術:北山聖子・樋口真惟子/衣装:清水いつ鹿/照明:植村真/宣伝美術:有布/舞台監督:林周一 (風煉ダンス)/制作:鮭スペアレ制作部・田村いろは

【ご予約】
チケットのご予約はこちら
http://pr6.space/2/syake 好評発売中!

【お問い合わせ】
・Eメール info@syake-speare.com
・公式サイト http://syake-speare.com/
・Facebook https://www.facebook.com/syakespeare
・Twitter  @syake_speare

『sad』<ロームシアター京都×京都芸術センター 若手創造団体支援採択企画>

  • ブルーエゴナク
  • E-mail
  • 2018/11/27 (Tue) 10:09:49
北九州の気鋭の劇団〔ブルーエゴナク〕。元ラッパーの劇作家が綴る〈ささやかな悲しさを見逃さない〉ための物語

◎特設ウェブサイト http://buru-egonaku.com/sad

作・演出|穴迫信一(ブルーエゴナク)
出 演 |
木之瀬雅貴 松岡咲子(ドキドキぼーいず) 大石英史 菅一馬
福井菜月(ウミ下着) 諏訪七海 西村貴治 平嶋恵璃香(ブルーエゴナク)

日 程 |2018年12月14日(金) - 12月16日(日)
     計4ステージ
会 場 |ロームシアター京都 ノースホール
料 金 |一般前売3,000円、U25 2,500円、高校生以下1,000円
チケットぴあ(P-コード:489584)

<アフタートーク>
12月14日(金)19:30の回:木ノ下 裕一(木ノ下歌舞伎・主宰)
12月15日(土)15:00の回:橋本 裕介(ロームシアター京都)
12月15日(土)19:00の回:倉田 翠(akakilike)・岡本 昌也(安住の地)
12月16日(日)15:00の回:土田 英生(MONO)

主催|ブルーエゴナク
共催|ロームシアター京都、京都芸術センター、京都市
*ロームシアター京都×京都芸術センター U35創造支援プログラム”KIPPU” 採択企画

|ブルーエゴナク|
北九州市拠点。地域を拠点に、国や時代を超えて通用する新しい演劇作品の創造と上演を趣旨として活動。ビート感を意識した音楽性の高い作風が特徴。商店街、モノレール車内など、多彩な場所で演劇作品を制作。